HOME > さざなみ第二作業所について > さざなみ福祉会の理念

~労働を通じて社会に貢献し、市民の一人としての社会参加を目指す~

「理念」とは事業の方向を定めるものであり、“こうありたい”という目標であると同時に、日々の活動を点検する上での物指しでもあります。

  • 人間としての尊厳の回復と社会参加を目指します

    てんかんや精神障がいの人たちは、社会的偏見と内なる偏見とに悩み苦しんできた長い歴史があります。
    私たちは“障がい者が一人の人間として尊重されること”、“他の市民と同等の自立と社会参加ができるようになること”をめざします。

  • 働くことを生活の柱にします

    働くことを生活の中にしっかりと位置づけることが社会参加の基本であると考えます。
    さざなみ第2作業所は“福祉的就労の場”ではなく、“資金を得られる場”を目指します。

  • 働くことが喜びとなる作業所づくりをします。

    作業所は、障がい者が働くことを通して自らに自信を生みだす所です。障がいの程度に関わらず、自分が社会に貢献していると実感し、働くことが"喜び“になるような作業所をめざします。

  • 利用希望者は、原則全員受け入れます

  • 民主的運動をどんなときも徹底します

  • 利用希望者は、原則全員受け入れます

  • 障害者問題は社会全体の問題と考えます

  • 地域の一員として、住みよい地域づくりに参加します

  • 気軽に立ち寄れ、参加できる場を目指します